韓国さん「明確な事実があるのになぜ世界は慰安婦問題について大きな関心を払わないのか!」

1:2019/12/08(日) 00:24:41.32ID:YXrbXER80
旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡り、関連する公文書の収集を続ける内閣官房が2017、18年度、新たに計23件を集めたことが6日、分かった。
うち、在中国の日本領事館の報告書には「陸軍側は兵員70名に対し1名位の酌婦を要する意向」「軍用車に便乗南下したる特殊婦女」などの記述があった。
「酌婦・特殊婦女」は別の報告書内で「娼妓と同様」「醜業を強いられ」と説明され、慰安婦を指している。
専門家は「軍と外務省が国家ぐるみで慰安婦を送り込んでいたことがはっきり分かる」と指摘する。

1993年の河野洋平官房長官談話が認定した「軍の関与」を補強する資料と位置付けられそうだ。

12/6(金) 21:44
共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000207-kyodonews-pol
韓国さんの反応
・ほら見ろ!日本はアジアを収奪しつくすことを考えていた連中なのに、原爆に初野晴で被害者のふりをして馬鹿じゃないのか?
・日本は戦犯国であるのだから、被害者に心から謝罪しろ
・中国や東南アジアは独裁国家ばかりであるため、日本のこのような悪行を告発できるのはわが国だけであるのは残念なことである
・このような明確な事実があるのに、なぜ世界はこの問題について大きな関心を払わないのか!
・「意向」という文言は強制を立証する大変すばらしい文言ですね。ようやく日本政府が否定してきた証拠が出始めたのは良いことですね
・この資料を世界に広めよう!「慰安婦」ではなく「性奴隷」の文言を定着させ、ISの女性売買とも比較されるように働きかけるべきである
・強制を立証する資料ではないだろう?問題は「強制」であるのだから
・自国の恥べき歴史は知っておくべきだとは思うが、これを誇らしげに世界に宣伝して回るのは世界広しといえども我が国の左派だけであろう
・このような明確な証拠が出てきたのに慰安婦は自発的に行われたものだと主張する学者とその支持者の国籍を明らかにしろ

133:2019/12/08(日) 06:16:29.06ID:xLND0qV30

 売春婦は姦国の誇りニダ

330:2019/12/09(月) 17:49:43.14ID:v5+CoRi90

まごうことなき事実ライダイハン

101:2019/12/08(日) 02:29:35.89ID:HLlzSqWh0

ドラム缶に詰め込まれてジープで運ばれたという証言もあるニダよ!!

92:2019/12/08(日) 02:01:41.54ID:HreEwf4L0

虚言壁があるからだろ。まーた言ってるよ。うざっ!って世界中から思われてる。

96:2019/12/08(日) 02:05:10.45ID:eedGht/U0

こいつら365日慰安婦慰安婦言ってるな
もはや慰安婦教で信仰の対象と言える

79:2019/12/08(日) 01:37:34.52ID:6uMeBC8W0

戦時売春婦は取り立てて特別なことでは無く
強制連行などと言う事実がないことが明らかだからです

6 2019/12/08(日) 00:27:47.41ID:GQu4S+BT0

いつまで売春婦カードにすがりつくのこいつら

230:2019/12/08(日) 12:50:03.90ID:FX2frFtm0

>>6
全世界に「完全に解決済み」と宣言済みだしな。

記事の文書も、特に新しい情報は無いし。

70:2019/12/08(日) 01:27:49.66ID:w5e+SBOv0

事実でもないしお前ら自身の罪を償ってないし笑わせるなw

209:2019/12/08(日) 10:55:06.66ID:WNqHrJ7q0

橋下
「慰安婦を強制連行した証拠はない」
「国や軍が慰安婦を管理したことが有罪なら韓国もアメリカも世界中が有罪やで」

すべてはここから始まった

67:2019/12/08(日) 01:24:28.76ID:EtB7E73R0

売春婦は当時は職業だからなあ
強制でもなけりゃ犯罪にはならん

90:2019/12/08(日) 01:57:49.04ID:gtykODBu0

この上でこれからアメをはじめあちこちから搾取されるのかと思うと笑えるなw

158:2019/12/08(日) 07:04:18.22ID:QEl2fLcr0

慰安婦が1人なくなったらどこからともなく年齢の怪しい若い女が
慰安婦として追加されるんだよな確か
去年だが実際それで増えてたし

powered by Auto Youtube Summarize

下のPage2を押して次のページへ進めます

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA