【悲報】女性アスリートは生理をずらすためにピル使用を強いられる 副作用に苦しむ子も😭

1:2021/01/10(日) 09:01:21.37ID:hIy7X85O0●
皆さんは「低用量ピル」という薬を知っていますか?

 恐らく女性アスリートの多くは、「名前は知っているけれども詳しくは知らない」「調べたことはあるけれど見たことはない」という方が多いと思います。

「低用量ピル」とはホルモン剤のことです。国際的には経口避妊薬(OC)や低エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)と呼ばれています。

 低用量ピルには、エストロゲンとプロゲスチンというホルモンが含まれます。
服用すると、「体のなかにホルモンが十分あるから、これ以上ホルモンを分泌しなくても大丈夫!」と脳が判断。
すると、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)の分泌が低下。排卵が起こらなくなり、生理が止まります。

 また、服用を続けると、子宮内膜が薄くなって経血量が減少する、月経困難症の原因物質が低下するといった作用もあります。
一般的には「避妊の薬」というイメージが強いのですが、実は月経困難症やPMS(月経前症候群)、過多月経(経血量が多い)など、
生理のさまざまなトラブルの治療にも使われているのです。

 アスリートの場合、生理の来る時期をずらすために服用する選手もいます。

powered by Auto Youtube Summarize

下のPage2を押して次のページへ進めます

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA