【箱根駅伝】 東京国際大学が黒人ブーストでつまらなくさせる

1:2021/01/02(土) 09:50:27.20ID:fxSIPz8p0
「花の2区」東国大・ビンセントが9キロ過ぎにトップに、創価大・ムルワが追走、東海は3位に後退
箱根駅伝はエース区間の2区に入った。
2位でたすきを受けた東海大の「4年生3本柱」の一角、名取燎太(4年)が、トップの法大・河田太一平(2年)を3キロまでにとらえた。
7キロ手前、2位の法大に神奈川、早大、青学大、創価大、東洋大、城西大、日体大らが追いつき2位グループは8校の集団になった。
さらに15番目でスタートした東京国際大のイエゴン・ビンセント(2年)が一気に集団を抜き、2位に順位を上げた。
ここまでオープン参加の関東学生連合を含め13人のごぼう抜きを見せている。

東京国際大・ビンセントは、9キロ過ぎに先頭に立った。創価大のムルワ(2年)がぴたりとついている。東海大の名取は10キロ付近でやや離された。

powered by Auto Youtube Summarize

下のPage2を押して次のページへ進めます

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA