【ぜんそく患者】「コロナ禍で急減」という衝撃事実 予防や服薬など患者の行動変容が引き起こした [朝一から閉店までφ★]

1:2020/11/07(土) 12:48:37.87ID:xcvsAbR+9 https://toyokeizai.net/articles/-/386363?display=b

ぜんそく患者「コロナ禍で急減」という衝撃事実
予防や服薬など患者の行動変容が引き起こした

君塚 靖 : えむでぶ倶楽部ニュース編集部 記者

2020/11/05 6:00

新型コロナをめぐるデータベースの研究が想定外の結果を導き出した(写真:patchii/PIXTA)
https://tk.ismcdn.jp/mwimgs/a/a/1140/img_aadd0300eb277d41b312747ee75d06dc66515.jpg

新型コロナウイルス(COVID-19)流行期に、「ぜんそく(喘息)」による入院患者数が急減したことがわかった。

気管や肺に感染するウイルスは一般に、ぜんそくを悪化させると知られている。そこで、新型コロナも同様にぜんそくのコントロールを増悪させると考えられ、医療関係者の間では、新型コロナ流行当初、ぜんそくの入院患者数が増加する可能性が危惧されていた。

これは大規模診療データベースを分析する研究で判明した事実だ。大規模診療データベースの研究による想定外の結果は、これまで医療で“当たり前だったこと”を見直す機会になるかもしれない。

手指消毒やマスク着用が効いている?

powered by Auto Youtube Summarize

下のPage2を押して次のページへ進めます

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA