来历不明的人 世界で日本人は「ニーハオ」と言われるのはなぜか [アルヨ★]

1:2020/05/30(土) 16:55:30.06ID:1Omjbacr9 プレジデント 2020年5月29日号2020/05/30 11:00

▼パターン化本能「ひとつの例がすべてに当てはまる」という思い込み
「人間はいつも、何も考えずに物事をパターン化し、それをすべてに当てはめてしまう」。これがパターン化本能だ。誰もが頭の中のイメージに基づいて人類の大半をステレオタイプに押し込めようとする。だがパターン化は間違いを生み出しやすい。自分の分類は間違っているかもしれないと疑ったほうがいい。同じ集団の中にある違いや、違う集団の間にある違いと共通項を探し、好奇心を持ってその分類自体が正しいのか問い直すべきだ。

「ニーハオ」と言われる日本人

世界で新型コロナウイルスが流行し始めた際、欧米では中国人に対する差別や攻撃が強まっているという報道がたびたび聞かれた。中には、同じアジア人である日本人も、中国人と間違われて攻撃されることがあったという。

どうして彼らは日本人を中国人と勘違いしてしまうのか。日本人からすると、中国人との顔立ちはなんとなく違うと感じることができる。しかし、ほかの地域の人が見分けるのは難しいようである。アジア人といえば、みんな一重まぶたで吊り上がった目である、というステレオタイプが存在する。

ヨーロッパに留学経験がある筆者も、街を歩くと「おい、ニーハオ!」とからかわれることは何度もあった。海外に行けば、日本人も中国人も韓国人も、みんなひとくくりにされるのだ。そして大体は幸か不幸か中国人と決めつけられる。アジアで最も人口が多いからだろう。

アジア人をひとくくりにする欧米人。これは物事を何も考えずにステレオタイプに押し込めようとする、「パターン化本能」に該当する。

powered by Auto Youtube Summarize

下のPage2を押して次のページへ進めます

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA