「北方領土はロシア領」!? 文在寅大統領が送り込む韓国「次期駐日大使」“二枚舌”への懸念(文春) [Felis silvestris catus★]

1: ななしさん 2020/12/13(日) 21:15:56.60 ID:bTo3Y0jG9

※統一まで84942秒

https://news.yahoo.co.jp/articles/c0bc3ff549766eaac345ebb910a1dac7a9bdf5b9

韓国の文在寅大統領が苦悶している。直近の世論調査(12月10日発表)によると、文大統領の支持率は、前週より0.3ポイント下落し、37.1%と就任後最低を更新した。不支持率も0.8ポイント上昇し、過去最悪の58.2%だった。

【画像】「北方領土はロシア領」!? 韓国の次期駐日大使・姜氏が北方領土に上陸した際の写真

そんな苦境の文大統領が、日韓関係改善に向けて“白羽の矢”を立てた次期駐日大使が、姜昌一(カン・チャンイル)氏だ。韓日議員連盟会長も務めた“知日派大使”と報じられているが、日韓双方の関係者からその言動を不安視する声が聞こえてくる。姜氏と面識のある韓国の対日関係専門家は、次のように指摘する。

「内定発表当初から“知日派”“日本の政界に通じている”と日韓のメディアで持ち上げられ、姜氏本人はやる気満々。栄転だと喜んでいますが、これまで彼の言動は、対日問題でも“二枚舌”などと批判されてきました」

彼の経歴と、問題になった言動とはどんなものだったのだろうか。
「北方領土はロシア領土」と発言?

姜氏は1952年、韓国南西部の済州島で生まれた。ソウル大学を卒業後、東京大学大学院に留学し、修士と博士の学位をとった。本来は歴史学者で、2001年にソウルで行われた日韓首脳会談での合意に基づき開始された「日韓歴史共同研究」の第一期研究(2002年~2005年)にも研究員に選ばれ、参加している。

彼が政界に足を踏み入れるのは、その研究期間中だった2004年のこと。共同研究から離脱する形で国会議員選挙に出馬し、初当選した。以来、今年5月まで国会議員を4期務めた。韓日議員連盟の会長も歴任し、現在は名誉会長の立場だ。

議員当時の姜氏の行動が、日本で最初に取り沙汰されたのは、2011年5月のことだった。

姜氏は他の議員2人と、日露が領有権を争う北方領土の国後島を、ロシアのビザを受けて訪問したのだ。その際、「北方領土はロシア領土」と報道陣に述べたとされる。当時、姜氏は韓日議連の有力メンバーで、日韓領土問題の専門家という売りだった。韓国政府は、日露の対立には「不介入」の立場であったが、姜氏らの行動を黙認していた。

powered by Auto Youtube Summarize

下のPage2を押して次のページへ進めます

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA